読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんちゃんのつぶやき

久保佳奈子(23)、自分のことを中心に発信していきます。

肩書きに縛られずに生きる

こんにちは。
今日は「肩書き」について書きます。

 

私、これから出会う方々に連絡先をお伝えするために、名刺を作ろうと思うのです。

で、思ったんです。
肩書き、何にしよう…?

f:id:bonchannoblog:20170215015442j:image

(これは名刺入れ。)

 

結論から言うと、私は肩書きの入っていない名刺を作ろうと思います。
あえて肩書きを持たずに生きてみたいと思います。

 

肩書きって色んなものがありますよね。
学生、浪人生、会社員、OL、スポーツ選手、ミュージシャン、美容師、デザイナー、フリーター、などなど…。
属そうと思えば、何かしらの肩書きに自分を当てはめることは可能でしょう。
実際、今の私は、学生です。

 

たしかに人に自分を説明するのに、肩書きというのは、あると便利です。
美容室に行った時に、大抵聞かれる。
お仕事なにされてるんですか?
いや、まだ学生です。
そろそろ就職されるんですか?
いや、就職はしないんです。
何になるんですか?
いや、特に……
そうなんですか…汗
みたいなやり取り何度やったことか。笑

 

こうやって人に聞かれるのが嫌で、美容室を避ける時期もありました。
そして、今後の自分を何か立派な肩書きで正当化するために、ありとあらゆることを考えました。

 

でも、散々色々考えて、それらは全部、自分の身を置く場所がほしいから、目標や目指すものを設定しようとしているんだということに気付きました。
だから、今は目標や夢を設定することをやめました。肩書きを求めることもやめました。

 

そうすると、自分自身って一体なんなんだろう?自分を表すものってなんだろう?と思うようになります。不安にもなります。
でも、それがまさに、今私がしている、自分探しの旅なのだと思います。

 

そのうち、自分が本当にやってみたいことが出てきたりして、それを実現させたら、必然的に肩書きを持つことになったりするかもしれません。
そうなっても、その肩書きに縛られず、どんな肩書きであろうとも、自分は自分、と、しっかり自分自身であることを一番に考えられるようになりたいです。

 

それではまた。