読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんちゃんのつぶやき

久保佳奈子(23)、自分のことを中心に発信していきます。

自分の全てを肯定する

昨日彼氏とある話をしていた時に、こんな言葉をもらいました。

 

「自分を認めてあげな。」

 

今日はこの言葉について、私なりに考えたことを書いていきたいと思います。

 

f:id:bonchannoblog:20170223164911j:image

 

自己肯定と承認欲求


自分を認めてあげるというのは、つまり自己を肯定してあげるということですよね。
私、これ苦手なんです。
知人からしたら一見出来ているように見えるかもしれないですが、苦労しまくってます。

 

自己を認めてあげることが出来ないと、他人から認めてほしいという思い、つまり承認欲求が湧いて出てくるんです。

 

誰かに褒められたい。
褒められたいから◯◯しよう。
褒められたいから◯◯しちゃダメだ。

 

誰にも怒られたくない。
怒られたくないから◯◯しよう。
怒られたくないから◯◯しちゃダメだ。

 

というように。

 

今までの私はずーーっとこうやって生きてきました。
そして、この生き方には、限界がきたと感じています。

 

自分軸で生きる

 

なぜ限界がきたのか。
上記の生き方って、軸が全部他人にありますよね。だからじゃないかなあ。

 

自分の人生を生きているはずなのに、他人軸になっていると、本当の自分を否定してしまうことに繋がりかねないと思うんです。

判断基準も、他人が中心になるので、自分が本当に進みたい方向に進めなくなってしまったり。

 

では、自分を肯定することができたら、どうなるのか。

 

自分が◯◯したいから、しよう。それでいい。
自分が◯◯したくないから、やめよう。それでいい。

 

こうなったら、判断基準も、自然と自分軸になりますよね。

それに、自分の思いのままに生きることができます。

 

他人を肯定する

 

そうなったら、何が起こるのか。
自分を肯定できることが、他人を肯定することにも繋がるんじゃないでしょうか。

 

自分は自分でいい、この人もこの人でいい。

 

今の私は、人と話をしていると、
それって違うんじゃない??
と、否定したくなってしまうことがあります。
それはきっと、他人の軸があるところに、私の軸がズケズケと入り込んでいるから。

 

他人を否定することは、きっと何も生みません。
自分もモヤモヤするし、他人も嫌な気持ちにさせるだろうし。
もしかしたら不必要に関係を悪化させてしまうこともあるかも。

 

思考の癖を変えていく

 

では、どうやったら自分を肯定して生きることができるのでしょうか。

 

ある程度の大人になってしまうと、思考の習慣や癖が出来てしまっていて、なかなかそれを覆すことは難しいと思います。

実際、自分を肯定できない、というのは私の癖です。

これはもう、強制的に自分の思考を何度も繰り返し変えていくしかないと思います。

 

気づいた時に、

「あ、今他人軸で考えてた。いけないいけない。」

というように。

 

これを意識して生きるか、意識せずに生きるかで、随分と変わってくると思います。

 

なので、今日のブログは、私自身に向けたメッセージ。

 

お前、自分軸で生きること、自分を肯定して生きることを意識して日々を過ごせよ!!!

 

それではまた。笑

 

※思考の癖を変えていく方法は、意識する以外にももっと良い方法がありそうだなーと思うので、何かご存知の方・私はこうやってるという方、ぜひとも教えてください!